FANDOM


Plate

plate

ソーラークッカーは、正しく使えば安全な調理器具であり、肉、魚、穀物、豆、野菜、果物にさまざまなものを調理することができる。しかしながら、他の料理法と同様に、食の安全衛生管理には注意を払う必要がある。特に肉、魚、豆、穀類を調理する時は、下記に記す温度管理を守るよう、十分な注意を払う。









Therm

temperature

調理温度について編集

バクテリアとウイルス等の有害食品細菌は、65℃(150℉)まで加熱されると死滅する。 これは低温殺菌法と呼ばれる。 食物が調理される温度は、82℃から 91℃であるため、完全に調理された場合は、これらの病気を引き起こす病原菌は死滅しており、安全である。 単純な構造のソーラークッカーでは、上記の調理温度から少し高い温度で調理が進むため、食材は適度な水分と栄養素を維持しており、加熱しすぎはめったに起こらない。ソーラークッカーの機種によっては、これよりはるかに高い温度まで上がるものもある。




ソーラークッキング後の食物の衛生(温度)管理について編集

すべての調理方法で、バクテリアによっては食物が料理された後に、耐熱胞子発芽するものもある。 このため、、加熱した食物は52℃(125℉)以上の温度で保存するべきである。加熱した食物の温度が一定の時間52℃から10℃の間に落ちることがあれば、これらのバクテリアの繁殖により食物が腐敗し、食中毒の原因となるので注意が必要である。 一般的に、4時間以上この温度範囲に置かれた食物は、食べる前に再び加熱するべきである。しかしながら、再加熱の後であっても、食中毒のリスクがまだ存在することを忘れてはならない。(不確かであるなら、その食物を捨てたほうがよい。)



重要な注意事項編集

・ソーラークッカーで調理するためには、クッカーに直射日光が当たることが必須条件である。 影、雲、および荒れ模様の天気の場合、ソーラークッキングの有効性が制限される。 したがって、ソーラークッカーはすっきり晴れた日(地面に映るモノの影がくっきり見えるような天気)で使用するべきであり、ソーラークッカーに影がかぶらないような条件の下で使用されたい。

・世界のほとんどの地域では、太陽高度や日射の条件により、シンプルなソーラークッカーが有効的に機能しない期間が数カ月ある。一般的に、あなた自身の影の長さがあなたの慎重よりも短い状態の時は、ソーラークッキングをすることができる。この方法は、太陽高度がソーラークッキングするのに十分かどうかをチェックするための指針となるので覚えておきたい。しかしながら、ソーラークッカーの機種によっては1年中使用できる効率的なものも存在する。

・通常、1日に昼食と夕食2回の食事をソーラークッキングで賄うことができる。早朝と日没後は調理は不可能である。太陽光が最も強い時間帯は午前10時と午後2時の間であり、可能であればパンやペストリーも焼くことができる。

・当然ながら、食物を扱う前後に、手洗いを忘れないこと。清潔な道具と鍋を使用すること。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki