FANDOM


[1]

ソーラークッカーの種類編集

ソーラークッカーは最も一般的な3つのタイプに分けられる。熱箱(ボックス)型、パラボラ型、パネル型である。これらのタイプには、更に何百ものバリエーションがある。さらに、世界中の機関の需要を満たすために開発された大規模なソーラークッキングシステムもいくつか存在している。


蓄熱ボックス型編集

Image001.jpg

woman with box cooker

ボックス型ソーラークッカーは、中程度から高温で調理ができるもので、複数の鍋を入れて調理することができる。世界で一番普及しているタイプであり、インドでは数十万台が使われている。







パラボラ型クッカー編集

Image003.jpg

Woman with parabolic cooker


パラボラ型は高温で早く調理が可能である一方で、太陽の動きに合わせて頻繁にソーラークッカーの向きを合わせる必要があり、調理中は安全のために監視の必要がある。中国を中心に数十万台が存在している。パラボラ型クッカーは特に大規模な機関の調理に役立つ。








パネル型クッカー編集

Image005.jpg

Woman with panel cooker

パネル型クッカーは、ボックス型とパラボラ型の両方の要素を併せ持ったタイプである。構造はシンプルで比較的安価に購入したり手作りすることができる。Solar Cookers International の"CooKit"は、最も広く普及しているパネル型クッカーである。





ソーラークッカーの原理編集

ほとんどのソーラークッカーは、「太陽光を熱エネルギーに変換して蓄熱することで調理をする」という基本原理に基づいている。


燃料=太陽光

Image006.gif

Sun

ソーラークッキングでは日光が「燃料」である。 ソーラークッキングには、数時間に亘って日当たりが良く、強風が避けられ、かつ食品が安全に守られる場所が必要である。ソーラークッカーは夜や曇りの日には使うことができない。


太陽光を熱エネルギーに変換

Image007.gif
Image008.gif

黒い表面は太陽光で非常に熱くなるが、白い表面では熱くならない。ソーラークッキングでは、黒く浅い鍋で薄めの金属鍋に、熱と水分を逃がさないように鍋によくフィットした黒い蓋を用いると最も調理効率が良い。










保温

Image009.gif
Image010.gif

黒い鍋(容器)の周りを透明なもので覆うことにより、太陽光を取り入れながら熱を保持する必要がある。 これには、透明な耐熱性のビニール袋もしくはガラスのボウルや容器(パネルクッカーの場合)、もしくは、保温性のある箱を透明なガラスやプラスチック板でフタができるようにしたもの(ボックス型クッカーの場合)などを用いる。 パラボラ型クッカーの場合は、通常このような保温カバーを必要としない。





より多くの太陽光を取り込む仕組み

1つ以上の光沢面(反射板)を有することで、より多くの太陽光を鍋(容器)に反射させ、熱効果を高めることができる。

Image011.png
Image013.png
Image012.png

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki